前撮りにベールは必要か

前撮りでベールは必要?ウェディングカメラマンが答えます!(作例12枚)

こんにちは!カメラマンの橋本です。今日はお客様からよく聞かれる質問に答えます。

「前撮りってベールは必要ですか?あった方がいいですか?」

ベールは必ず必要ではない

絶対に必要かと聞かれれば、私は「必要ない(必須ではない)」とお答えします。

ベールは挙式における誓いのキスの儀式でベールアップ、ベールダウンという所作のために必要なものです。ですので前撮りやフォトウェディングでは必須ではありません。

前撮りにおけるベールは「撮影小物の一つ」という位置付けになります。イニシャルオブジェやガーランドと同じ並びの扱いになります。

撮影アイテムの一つですから、お客さまのお好みで持ってきてもいいし持ってこなくてもいい、というものになります。

カメラマンはそのロケーションや雰囲気に合わせたポーズのアイディアを沢山持っているので、ベールがなくてもポーズ作りに困るなど撮影に支障が出ることはありません。

ただし、チャペルで挙式風フォトウェディングを撮影したい場合には、お支度〜入場〜誓いのキス など一連の流れを撮影しますので、ベールはあった方がいいと思います。

POINT

前撮りにはベールは不要!ただしチャペルで挙式風に撮る場合は、本物らしさを演出するためにあった方が良い。

個人的はベール使用はおすすめ

必要ない・必須ではない、とお伝えしましたが、私自身はベールを使ったフォトウェディングはとても美しく仕上がるのでおすすめしています。

ベールを使うことで花嫁様の神秘性や美しさが一層引き立ちますし、小顔効果や、ベール越しに肌を見せることで美肌効果があります。また、二の腕などを気にする方にとっては体型カバーの役割も果たしてくれます。

大人花嫁様や、本格的なウェディングドレスを着て撮影される方には特におすすめです。

ロングベールが一番良いです

ベールといってもロングベール、マリアベール、ショートベールと色々ありますが、一番使いやすく、写真が引き立つのはロングベールです。

マリアベールはダメなの?と聞かれるとそんな事はないのですが、マリアベールは花嫁様の頭の前側に留めるためヘアスタイルを選びます。キュッとまとまったアップヘアでないと付けるのが難しい場合があります。

それに比べてロングベールは頭の後側につけるため、ヘアスタイルを問わずに使用できるのが特徴です。髪型を選ばないという点で私自身はロングベールをおすすめしています。

ベールを使った前撮り写真

こちらの写真は私が石垣島で撮影したお客様の写真です。様々なロケーションや時間帯でベールを取り入れたショットになります。参考になれば幸いです!

サンセットフォト

一番使うことが多いのはサンセットフォト。ロングベールの繊細な美しさと夕日の光がマッチします。

昼間のビーチフォト

青い海と空に真っ白なロングベール。幸せいっぱいな花嫁様のソロショットも素敵に仕上がります!

ガジュマルや自然の中で

海以外にも、森、ガーデン、ガジュマルなど自然のロケーションでも使えます。新郎新婦様二人でベールに入るベールインショットもたまにリクエストを頂きますよ。

いかがですか?

前撮りにベールは必須ではありませんが、個人的にはおすすめのアイテムです。そしてその中でもロングベールがおすすめです!